50代のダイエットは代謝がポイント|エネルギー消費量を上げる

薬

代謝量を増やすため

中年太りの原因

サプリメント

50代になると、女性は太りやすくなります。なぜなら卵巣機能が低下して女性ホルモンが分泌されにくくなることで、ホルモンバランスが乱れるからです。それにより代謝量が減ると、食事によって体内に入ってきたエネルギーがしっかりと使われず、中性脂肪として蓄積されることになるのです。これがいわゆる中年太りの原因なのですが、これは運動によるダイエットで代謝量を増やすことで防止できます。ところが50代の体は、加齢による筋肉の衰えで、10代や20代ほどしっかりと動かすことができない場合が多いです。そのため運動によるダイエットが難しいという50代の人は、多くいます。しかし健康食品を利用すれば、筋肉が衰えていても、ダイエットをしやすくなります。健康食品の中には、体を動かさずに代謝量を増やすことのできるものもあるのです。

アミノ酸や酵素

代謝量を増やす健康食品には、アミノ酸や酵素のサプリメントがあります。アミノ酸は筋肉を構成しているたんぱく質を作る栄養分なので、これを摂取すれば、筋肉が発達しやすくなります。さらにアミノ酸には、血行を良くする力もあります。筋肉が増えて血行が良くなれば、日常の動作によって消費されるエネルギー量が増えるのです。そして酵素を摂取すると、胃腸の中の食べ物が分解されやすくなります。つまり消化吸収の効率がアップするわけです。消化吸収にもエネルギーが使われるので、その効率が上がれば、使われるエネルギーも増えることになります。また、食べ物が消化吸収されずに体内に残り、それにより体が太るといったトラブルも防がれやすくなるのです。手軽にダイエットができるため、50代の人の多くが、これらの健康食品を利用しています。